配信サービスレビュー

サッカーJリーグ全試合放送はDAZN(ダゾーン)だけ。

投稿日:

Jリーグといえば、TVのスポーツニュースで毎日試合結果をチェックして、スポーツニュースのハイライトをちょっと観るだけ。

でも…「本当は試合が観たい!でもスカパーは高いし……」と思っている方もおられるのではないでしょうか?そんな方に朗報です。

スポーツ動画配信サイトのDAZN(ダゾーン)なら、Jリーグを全試合こぼさず観ることができます。

DAZN(ダゾーン)

DAZN(ダゾーン)とは?

DAZN(ダゾーン)とは、2016年にイギリスのパフォーム・グループが始めた動画配信サービスです。スポーツ配信に特化していて、月額料金を支払えばさまざまなスポーツをライブで楽しめるほか、見逃した試合についても一定期間は視聴することができます。

DAZN(ダゾーン)は、日本ではJリーグと放映権契約を結んだことで一躍有名になりました。その契約料、なんと10年間で2100億円!

すごい金額ですね。もちろん、配信しているのはJリーグだけではありません。DAZN(ダゾーン)の豊富な配信コンテンツ一覧をご紹介しましょう。

配信コンテンツ一覧

Jリーグ

J1、J2、J3の全試合をライブ配信しています。Jリーグマニアにはたまりません!

海外サッカー

ブンデスリーガ1部は全試合、2部は主要試合を配信しています。

また、すべての試合を楽しめるわけではありませんが、リーガエスパニョーラ、セリエA、リーグアン、イングランドFAカップ、DfBポカール、イタリアカップ、コパ・デル・レイ チャンピオンズリーグ(CL・EL)なども配信しており、それぞれサッカー好きならよだれが出てしまうような豪華ラインナップです。

ロシアワールドカップ予選については、欧州予選、北中米カリブ海予選、南米予選を配信予定となっています。

F1

モータースポーツのなかでも人気の高いF1のレースを豊富に配信しています。Formula 1™、Formula 2™、GP3、Monster Energy AMA Supercrossなど。

野球

メジャーリーグは1日6試合を配信しています。日本のプロ野球は、横浜DeNAベイスターズのホームゲーム全試合など。

NBA

全試合を配信とまではいかないようですが、主要な試合を楽しみたい人に!

NFL

日本ではほとんど放映機会のないプロのアメフトを、じっくり楽しめます。

NHL

プロのアイスホッケー!なかなか観る機会がないという人が多いでしょうが、一度見るとハマってしまうかも?

Vリーグ

一時期のバレーボールブームが終焉を迎え、民放でなかなか放映しなくなって寂しい思いをしている人も多いのでは。DAZN(ダゾーン)で地道に配信しています。

UFC

アメリカの総合格闘技におけるメジャーリーグの試合を配信しています。とにかくめちゃくちゃに強い男を観たいときに。

テニス

テニスの配信では、さまざまな主要試合が楽しめます。ハイライトも豊富なので、試合の全貌を簡単に追えますよ。

PDC

ダーツ……!ダーツのプレミアリーグです。とにかく一度観てみてください。プロのレベルってこんなんか!と圧倒されます。

自転車競技

グラン・ピエモンテ、ジロ・デ・イタリアといった主要ロードレースを配信。爽快なレースの背後を流れてゆく景色は、異国情緒たっぷりです。

WWE

アメリカ生まれの格闘技エンターティンメント。プロレス好きはもちろん、ショー好きは必見です!

利用料金

DAZN(ダゾーン)の利用料金は、docomoユーザーとその他では違います。docomoはパフォーム・グループと協力し、スポーツ専用動画配信サービスである「DAZN for docomo」を立ち上げているためです。

docomoユーザーは月額980円

docomoユーザーは、「DAZN for docomo」から入会すれば月額980円(税別)で加入できます。なお、docomoの動画配信サービス「dTV」(通常は月額500円・税別)とセットで入会すれば、200円オトク。2つ合わせて月額1,280円(税別)で利用可能です。

一般会員

docomoユーザーではないなら、月額1,750円(税別)の一般価格です。ただ、「DAZN for docomo」から入会した場合、月額は一般価格と変わりませんが、「dTV」(通常は月額500円・税別)と一緒に利用すれば、docomoユーザーと同じように200円引きになる特典があります。

つまり、「DAZN for docomo」と「dTV」の同時加入で、2,050円になるのです。

観戦に必要なもの

DAZN(ダゾーン)の観戦に必要なものは、スマホ・タブレット・PCのいずれかです。テレビで見る方法もあるので、それぞれご紹介します。

スマホ・タブレット・PC推奨環境一覧

モバイル
(アプリ対応)
iOS 9.0以上のデバイス
Android 4.4以上のデバイス
PC環境 WEB OS Windows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイス
WEBブラウザ 最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edge

Fire TV Stickなどでテレビでも見れる

スマホ・タブレット・PCの映像をテレビへ出力する端末があれば、テレビでの視聴が可能です。また、PlayStation 3、4への対応準備を進めています。

DAZNの今の評判

さて、Jリーグとの契約で一躍話題となったDAZN(ダゾーン)ですが、Jリーグ開幕戦ではまさかの失態を演じてしまいました。

「画面が固まってしまってクルクルが止まらない」
「映像がモヤッとしてる」
「カクカクしちゃってる」
「リアルタイムからズレている」

と、視聴者からの報告が相次いだのです。

それから早や5ヵ月。やっぱりカクカクしちゃうの?と思い、評判を調べてみましたが、twitterや個人ブログをチェックする限りでは、今ではわりと大丈夫な模様。少なくとも、Jリーグ開幕戦時のような大ブーイングは見当たりません。個人的にも視聴してみました。

画質はわりとキレイ

画質TVまでとはいきませんが、従来のストリーミング配信と同等の快適さは確保されていると思われます。

視聴するコンテンツによっては、20分に1回くらいはクルクルが出たり、ちょっと目を離すと「インターネット接続に問題があります」というメッセージが出て画面が真っ暗になっていたりしますが、まあ、気にならない程度です。

遅延はまあまあ気にならない程度

ああ~、カクカクするなあ……と思ってしまうときは、やっぱりあります。まあ、自分のネット環境に問題があるんだろうなと考えていて、Wi-FiじゃなくてLANケーブルを使ったり、より高速回線の契約に切り替えたりすればきっと解決するんだろうなとは思うものの、面倒さもあり、そこまで試せていません。

ちょっとくらいカクカクしててもいいかなと……いや、気になる人はダメでしょうね。

どうしても気になるなら、ブラウザを変えてみたり、アプリやブラウザのバージョン情報をチェックして最新のバージョンに整えてみたりするのはいかがでしょうか。再起動もおすすめです。

追っかけ再生機能、見逃し配信コンテンツがわりと便利

DAZN(ダゾーン)を利用していると、いろいろ便利な機能があることに気づきました。けっこう使えるものの一つが追っかけ再生で、これはライブ映像であったとしても「一時停止」や「再生」が可能というもの。

テレビでライブを視聴していると、いいところを見逃したりしますが、追っかけ再生があればマイペースに楽しめます。

また、見逃し配信も30日間有効なので、気になる試合をまとめて視聴できるのがけっこう嬉しいところです。ハイライトショーも、スポーツニュース的に楽しめます。

初回1ヶ月無料のキャンペーン中

DAZN(ダゾーン)では、初回は1ヶ月間無料になります。まるまる1ヶ月間、無料で楽しめるので、例えば8月10日に申し込みを行ったとしたら、9月9日までは無料会員です。ただ、9月10日からは有料会員となります。

自分の加入日を意識しながら視聴しないと、いつの間にか有料会員に切り替わっていた!ということになりかねませんので注意しましょう。

退会方法はいたって簡単

退会は、「マイ・アカウント」ページに入り、「退会する」ボタンを押すだけ。いたって簡単で契約期間の縛りもないので、1ヶ月間お試しで楽しんでみてはいかがでしょうか。

ちなみに契約は、目当ての競技シーズンが始まるときが、一番オトクです!参考にしてくださいね!!

-配信サービスレビュー

Copyright© VOD侍 - ビデオオンデマンドの比較評判口コミまとめランキング , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.