映画レビュー

エスターの評価(感想・レビュー・口コミ※ネタバレ有)

投稿日:

エスターのあらすじ

三人目子供を死産してしまった妻のケイトはショックのあまりふさぎ込んでしまう。
そんなケイトの姿を見た夫のジョンは「養女をもらおう」と提案する。
聖マリアナ女子孤児院へ行き、エスターという利発は少女を見たケイトとジョンはとても気に入り、養女として迎えることを決意する。
しかし、エスターはホルモン異常の病気を患っており、見た目は9歳の少女だったが、実際には33歳の女性だったのだ。
里親である父親を誘惑し、失敗すると家族を殺し、家に火をつけた。
そんなエスターの本性を知ってしまったケイトとジョンだったが、ジョンはエスターによって殺されてしまう。
1階の玄関先でエスターがジョンをナイフで何度も刺して殺害している現場をマックスという男が目撃。
帰宅したケイトは夫の遺体をみて泣いていた。
エスターは自宅から銃を持ち出し、ケイトの腕を撃つが、ケイトは窓から脱出。
その後、ケイトとエスターは凍った湖の上で戦うのだが、湖面の氷にヒビが入り、二人とも湖に落ちてしまう。

監督:ジャウム・コレット=セラ
制作年:2009年
制作国:アメリカ

エスターの評価(感想・レビュー・口コミ)

この映画のすごい所は、主役のエスターを演じている女優さんがともかく怖い所です。この時いくつなのかわからないけど、役では12歳ぐらいかな?実際は少し年上かもしれません。顔がきれいだけど怖さがすごくあって、演技も上手いんだと思います。昔から子供が怖いホラー映画はいくつか観た事があるけれど、こんなに子役の演技がすごいのはなかったです。「エクソシスト」ぐらいかな?実際に気味の悪い子供っているから、よけいに不気味に思えます。一緒に暮らしている養子先の子供達の恐怖感を想像したら、ゾクッとします。そして、養子先の両親も子供だと思っていたら、心は大人だと知ったらさぞ気味が悪いだろうと想像しました。「危険な情事」という映画もあったけど、あんな感じの怖さがありました。女の人の情念みたいな怖さです。今で言うとストーカーの怖さみたいな感じです。「ミザリー」なんかも同種の恐怖感かな?エスター役の女優さんを最近スティーブン・キングの「セル」で観ました。こっちは悪い役でもないのに、死んでしまうシーンの死に顔が妙に怖い顔でした。
(48歳・女性)

とにかくエスター役の少女が怖い。この一点に尽きるのではないでしょうか。天使のようなと宣伝されていますが、見た目は本当に可愛いらしい。
その可愛さが後半にはガラリと雰囲気が変わります。そこがまた凄い。メイクの影響もあるのでしょうが、エスター役の子の演技が素晴らしいものと言えます。
ストーリー中盤まではサスペンスに慣れている人だと物足りないかもしれません。数々の事件はエスターが起こしているのは分かっているし、その理由も孤児という立場上のものだろうと推測出来てしまいがち。
実際の理由はまた違ったインパクトのあるものでしたが、それが分かった上でエスターの演技を再度見てみると違った見方が出来て面白いです。
最初は母親視点で、二回目はエスター視点で見てみるのも有り。エスターの正体が分かれば伏線の内容とも辻褄が合うので納得できる作りです。
派手な映画ではありませんし、タイプも若干違いますがミザリーに似た雰囲気があるかもと感じる人もいそうです。
(49歳・男性)

最初から奇妙でどういう内容なのか掴めないところから始まる感じがすきです。主人公の悲しい思い出から始まるんですが、それが嫌な夢からで女の私からしたら見たくない 思い出したくない夢なので主人公が精神的に辛いのが分かります。
そこで可愛がってあげられるような女の子を引き取った時、この子はなに不思議だなっと思いました。大人びてるというか子供らしくないというか。なんとなく、怖さがある女の子でした。
主人公には男の子、女の子の子供がいるのになぜ、わざわざ新しく女の子を引き取ったんだろっと考えました。死産してしまった子供を思い エスターを引き取った時なんだなとあとから分かりました。だから、その分自分の子供のように可愛がってあげようという気持ちも凄く分かりました。
でも私が一番この映画で好きなのが、エスターの謎がどんどんと解き明かされ その中で何人もの人が亡くなっていることです。子供なのに大人を騙し、死に追いやるチカラがある怖さが私は好きでした。
あとは、終盤でエスターの大きな秘密が明かされる時 本当に驚きました。
それは、見て驚いた方がいいと思います。とても怖いけど面白い映画だと思います。
(32歳・女性)

「エスター」は近年観た恐怖映画の中では満足した映画でした。大抵の映画は「大して怖くなかった。」「予告が1番面白かった。」って感想になるんだけど、「エスター」はネタバレのシーンで「そうきたか!」と衝撃を受けました。全く予想がつかなかった。しかし◯歳がメイクで9歳になるのは不可能でしょ。泣いてメイクが剥がれ落ちて行くシーンが1番ホラーかも。
でも実際にこういう子が家に入り込んできたら怖いでしょうね。だんだんと現れていく本性に気付く母親。でも信じてくれない鈍感な父親。もどかしい!エスターがおかしいと言えば言う程、周りからは頭がおかしいと思われるってもうどうすればいいんだか。ラストはエスターとの死闘の末に、何とか勝利した母親でしたが、ハッピーエンドで本当に良かった。これでエスターが勝利したらこれからまたどこかの家族が被害に遭うんですもんね。でもエスターが生き残る別エンディングがあるみたいですね。そちらの方が図太いエスターらしいのかも。
(49歳・男性)

私が友達におすすめしたい映画は、洋画のエスターです。これは私が思うに、ホラーのジャンルではあると思うのですが、洋画にありがちな呪いや、悪魔、宗教が関係するようなホラーとは違い、どちらかというと邦画のホラーに怖さのジャンルは近いと思います。また、ホラーとしてもちゃんと最上級に怖いのですが、よくあるホラーでいう胸くそ悪さというか、もやもやした感じはなく、最後に全部のネタばらし、おかしいな、と思うところをちゃんと答えてくれるところが良いと思います。また、子どもがメインの映画にある無表情さというか、奇妙さというか?みどころのなさのようなものがこの主人公の女の子にはとてもはっきり出ていて、演技がすごく上手いなという印象を受けました。もし、私が友達にこの映画をすすめて、ともだちにこの映画ってどんなやつ?と訊かれたら、見たもの、見えるものをそのまんまで捉えてたらまじで衝撃を受けるよ!なんの前情報もなく見てほしい映画ナンバー1って答えると思います。
(31歳・女性)

-映画レビュー

Copyright© VOD侍 - ビデオオンデマンドの比較評判口コミまとめランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.